JR唐津駅

前回 の唐津散歩の続きです。

2回目はJR唐津駅の構内およびホームの画像をアップします。今回の記事はキャラクターだらけです。佐賀県はネット上では「海底都市」とも「浮遊都市」とも呼ばれてかなり久しいものですが、わたしが出かけた際は、空中に浮かぶことも海底に沈むこともなく、そのまま陸地がつながっておりました。

ゾンビランドサガ

JR唐津駅の構内(表玄関入って左側)に、唐津駅総合観光案内所があります。ここで唐津市内のマップなどを入手しました。案内所の付近にゾンビランドサガのパネルがあります。ゾンビ―関連のアイテムはこのパネルだけでしたが、パネルを撮影している人を何人か見かけました。


唐津駅総合観光案内所付近 ゾンビランドサガ パネル

唐津駅を出て小型バス(昭和バス)に乗って唐津城へ向かいました。唐津城(&猫)の記事は 前回 にアップしています。唐津城を堪能したあとは、ぶらぶら市内を歩いて「曳山展示場」へ向かいました。

※詳細は 前回 の記事をご覧ください。

ロマンシング佐賀

曳山展示場を出てJR唐津駅へ。駅内にはスクウェア(当時)が発売したテレビゲームのキャラクターとコラボレーションされた車両の模型が展示されています。水戸岡鋭治氏がデザインした気動車に「Romancing Sa・Ga(ロマンシング サ・ガ)」のイラストがラッピングされていました。ロマンシング サ・ガ第1作目は1992年(平成4年)、なんと30年前に発売されています。佐賀県とのコラボレーション「ロマンシング佐賀」は2014年(平成26年)より行われており、現在は「ロマンシング佐賀2022」が展開されています。


JR九州の社長ほかサイン 右は気動車の模型


サイン


小林智美氏のキャラクターイラスト


小林智美氏の唐津くんちの曳山イラスト


ゲームで使用されたドット絵


ドット絵で描かれた唐津くんちの曳山


見どころ


唐津城とキャラクターがデザインされたベンチ


ラッピング列車のイラスト 左


ラッピング列車のイラスト 右

ゴジラ

展示されていた部屋を出ました。改札口近くのコンビニに松ぼっくりで作られたゴジラのオブジェがあります。ちなみにこのゴジラは3代目だそうです。かわいいですね。


松ぼっくりのゴジラ

(ふたたび)ロマンシング佐賀

改札を通ってホームへ向かいました。2番ホームに停車中の2両編成の列車がロマンシング佐賀仕様のラッピング車でした。乗車まで少し時間がありましたので画像をパチリ。右から左へと撮りました。古いキハも明るいラッピングに喜んでいるでしょう。


清水の滝


キャラクター


Romancing佐賀のロゴ


佐賀市の下水道マンホールのデザイン


Romancing佐賀のロゴ


佐賀市の下水道マンホールのデザイン

しばらく後に1番ホームに筑前前原行きの列車が到着、それに乗車して帰宅しました。当日は雨も降らずよい散歩日和でした。