月別アーカイブ: 2017年6月

御島グリーンベイウォーク

梅雨に入って10日以上が過ぎましたが、「梅雨の中休み」でしょうか、あまり雨が降らず空梅雨が心配な今日この頃です。このところずっと忙しかったので、久しぶりの散歩になりました。

今回は「御島(みしま)グリーンベイウォーク」(旧・香椎海岸遊歩道)まで出かけてきました。

「御島グリーンベイウォーク」とは、香椎海岸~あいたか橋~アイランドシティ外周緑地、を一周した2.9キロメートルの『御島エリア』を指します。わたくしはその3キロ弱をぐるりと一周してきました。海風に吹かれて、気持ちがいい時間を過ごせました。

一周約3キロメートルで囲まれた穏やかな水域は博多湾の一部で、さらには玄界灘の一部、日本海の一部分でもあります。しかし、個人的には、あまり「海」を感じません。海・海岸というよりは湖・湖畔っぽい印象、「大濠公園の池」に近いイメージです。

香椎海岸といえば、松本清張の推理小説「点と線」(昭和33年刊)の舞台になった場所です。「点と線」の文庫本(本にかけられた帯には、ビートたけしの写真とテレビドラマの案内が記されていた)は現在、手許にありません。ちょっと残念(´・ω・`)。(当時の)国鉄香椎駅や西鉄香椎駅と並んで、香椎海岸は事件の舞台となります。ここで佐山とお時(とき)の遺体が発見されました。

画像はわたくしの進行方向順にアップしています。

【香椎海岸】


片男佐橋 出発点


御島由来について


右はURの団地


鳥の石碑A


周回ルート案内図


点と線 事件現場 佐山とお時の遺体が打ち上げられた


鳥の石碑B


海岸の風景


奥はあいたか橋


海岸の風景


ヒョウモンダコ(豹紋蛸)に注意!


あいたか橋に到着


周回ルート案内図

周回ルートを道なりに進むと「あいたか橋」が見えてきます。対岸のアイランドシティ方面に進みます。途中4箇所、展望できる場所があります。そこから北を向けば遠くに海の中道、南を向けば香椎海岸方面です。

【あいたか橋】


あいたか橋


橋の中央部分


風景 北側


風景 南側


西方向(アイランドシティ方面)へ向かう橋の利用者


銘板


周囲のようす

【アイランドシティ外周緑地~御島かたらい橋】

あいたか橋を渡りきるとアイランドシティです。このまま周回ルートを西に進んで展望デッキに向かいます。しかし、デッキでは歩道に使用している木材の劣化がひどく、歩いて渡るのに足下に気をつけねばなりません。そのまま道なりに進み、「御島かたらい橋」を渡り、香椎浜北公園へ入ります。

ちなみに「スタート地点」は、「御島グリーンベイ周回ルート案内図」に記載されており、香椎浜北公園のやや北よりの位置にあります。そこから好みで時計回り、または反時計回りに進みます。

実は「佐山とお時の遺体が発見された場所」付近に設置された案内図を見て、スタート地点にきづきました。しかし、香椎方面から片男佐橋を通りここまで来て、やり直すのはナンだし、どうせ帰りは香椎(国道3号線)を通らねばならないし―で、そのままぐるりと一周しました。


海の中の環境づくり


外周緑地 石碑


外周緑地 案内


御島かたらい橋

そして、海の方向に目をやれば、海の中の「鳥居」が否が応でも気になります。香椎宮末社の「御島神社」です。御祭神は「綿津見神(わたつみのかみ)」です。距離的には香椎浜北公園からが近いようです。鳥居を展望するのに最も近い場所に展望所があります。ここからお参りもできそうです。

周回ルート3キロ弱の道のりは長く感じてしまい、一周するのに1時間40分はたっぷりかかってしまいました。歩きやすい歩道なので、体力があって元気な人なら数十分で一周できそうです。

【香椎浜北公園】


緑方向(反時計回り)、赤(時計回り)


画像左側を歩く 外周・緑2700メートル、赤200メートル


ボートが2艘


万葉集にみる香椎潟


香椎宮末社・御島神社


周回ルートスタート地点を示す看板


御島神社 正面側


展望所


香椎浜の生き物


御島の鳥類


間もなく片男佐橋


到着!

撮影:2017年6月18日