日別アーカイブ: 2015年6月28日

東京ステイ 2

行程:宿泊先→皇居前広場→東京駅→「はとバスツアー」→宿泊先


2日目 6月7日 日曜日

午前4時半。いつも起床する時刻に目が覚めました。まだ前日からの腰痛が治りません。今日は「はとバス」のツアーです。出かけているうちに、腰痛も治っているでしょうか。実は、はとバスは初体験です。しかも、無料ではない(事前にツアー代金を払って参加する)、かつ、車内販売も宝飾会社への軟禁も行程に含まれていない、ちゃんとしたバスツアーです。商品名は「東京二大タワー競演」。行き先は「東京タワー」「東京ドームホテル」(昼食・レストランでのバイキング)「浅草寺」「東京スカイツリー」という、東京のおいしいところ満載のツアーでした。

宿泊所(ビジネスホテル)最寄りの駅からJR東京駅まで移動しました。首都圏の列車(いや、この辺りの鉄道はすべて「電車」ですね)は1両あたりのドアは8箇所(4ドア)、編成も15両編成! わたくしがよくお世話になっている九州の大動脈「JR鹿児島本線」でも3ドア、編成は最大9両。座席も朝のラッシュ時以外は転換クロスシート。首都圏は列車自体がけた違いですね。さすがに車内を撮影するわけにはいかず、かつ、駅のホームも桁違いに人が多いので、電車の画像はありません。


南千住駅前 松尾芭蕉像

ただ、JR東京駅前を出発するのが11時過ぎなので、時間的な余裕はありました。そこで、朝9時には東京駅に行って、しばらく「皇居前広場」で過ごしました。それにしても、復元された「丸の内駅舎」って長~~~いいですね。

本当によく晴れてよかった。この日は日曜日、広場周辺をサイクリングする人たちが多かったです。公園の中とはいえ、東京の空が、想像以上に青くて高かったのが印象的でした。気持ちいいなあ。巨大都市のオアシスでゆっくりした時間を楽しんだ、九州の田舎もんです。


JR東京駅 丸の内駅舎


JR東京駅 丸の内駅舎


東京中央郵便局 後方は超高層ビルのJPタワー


日比谷通り


内堀通り 自転車の列


桜田二重櫓(巽櫓)


桔梗門


宮内庁・庁舎


坂下門・宮内庁庁舎 継ぎ接ぎ画像


皇居前広場 高層ビル群


バスの搭乗時刻が近づき、はとバス乗り場へ向かいました。点呼をとられて判ったのですが、この日のバスツアーでのおひとりさまは、なんとわたくし一人のみ。他は家族連れや友人同士など、連れがいるひとばかりでした。このツアーの客層は、乳幼児連れの家族や若者たちのグループ、そして高齢者(おもにお婆さん)のグループまで。でも、このツアーへ参加した目的が「時間つぶし」なので、この際、おひとりさまでも関係ありません。ただし、座席は最後部の端。一番目立たない席でよかった。


はとバス

はとバスに搭乗してはじめに到着したのが「東京タワー」です。バスから降りてすぐに写真撮影がありました。撮影には全員参加ですが、購入は希望者のみ。暇つぶしツアーなので記念写真は買いませんでした。撮影のあと、塔脚の5階建てビル「フットタウン」に入って、エレベーターにて「大展望台2階」に向かいました。ここからの眺めはすばらしかったです。

「なんとかと煙は高いところへ上る」ではありませんが、実は、その上の「特別展望台」にも上りたかったわたくし。しかし、日曜日でもあり、待ち時間が1時間かかると係員から聞いて、それでは指定された滞在時間を越えてしまうので上るのは断念。残念でした。

大展望台2階には、「謎の軟式ボール」が常設展示されています。4年前の東日本大震災の影響で、東京タワーの先端部分(NHKのアナログ放送用アンテナが設置されていた)が折れ曲がりました。その後、取替え工事の際、空洞の支柱の底から、軟式野球ボールが半世紀ぶりに発見されたとのこと。このニュースはまだ記憶に新しいです。「東京ワンピースタワー」(漫画「ワンピース」展)や「東京タワー水族館」は、時間的制約もあり見られませんでした。


車窓から 東京タワー外観


フットタウンとタワーの脚部分


1 大展望台2階 眺望 北方向


2 大展望台2階 眺望 北北東


3 大展望台2階 東方向 足元の眺望


4 大展望台2階 眺望 南東方向


5 大展望台2階 眺望 南西方向


6 大展望台2階 眺望 西方向 富士山は見えませんでした


7 大展望台2階 眺望


8 大展望台2回 眺望 北北東 望遠 東京スカイツリーが見える


大展望台2階 軟式野球ボール


FT3階 東京ワンピースタワー


フットタウン エントランス


東京タワーを後にして、次は「東京ドームホテル」へ向かいます。道中は車窓より、皇居(半蔵門、千鳥ヶ淵)→国会議事堂と回って目的地へ向かいます。もともと、開始が遅い(11時過ぎ)ツアーだったので、ここへ到着したのは既に13時過ぎでした。中のレストランへ通されて、遅い昼食のバイキング料理をいただきました。いくつかのバスツアーも来ていて、レストランはほぼ満員に近い状態でした。バイキング料理はおいしかったです。

その3へ続く

※デジカメ画像と携帯電話(iPhone)画像が混在しています